これは知っておきたい!ネイリストになるための7つのポイント
  1. ぶっちゃけ平均年収や給料はどれくらいもらえる?

ぶっちゃけ平均年収や給料はどれくらいもらえる?

ネイリストとして働く際、ちゃんと知っておきたいのが平均年収や毎月のお給料
“ネイルが好きだから”という理由で目指す人が多い仕事ですが、納得できる収入がないと続けるのが難しくなってしまうでしょう。

ネイルスクールへ多額の投資した、という方も多いネイリスト業界。
資格取得分を取り戻すことのできる職場を選びたい!という声も多く聞かれます。

ネイリストの平均年収が知りたい!


気になるサロンのネイリストはいくらくらい稼いでいるの?
と気になったら、「アットネイルズ」などのネイリスト求人サイトを利用し、相場をチェックしてみましょう。

エリアや経験の有無によって変動しますが、多くの場合月収が16万円~25万円。
賞与や指名料、歩合給などを含めが年収は、220万円から350万円程となり、平均では250万円程度だと言われています

好きなことをしながら、OL並みの収入を得ることができるネイル業界へ、人気が集中するのも納得ですね。
経験を積めば積むほど、ベースアップがあったり、賞与が増えたりするため、年々収入は増えていくでしょう。

稼ぐなら目指したい責任者や講師職


「平均年収よりももっと稼ぎたい!」

それなら目指したいのが、ネイルサロンの責任者である店長職や、ネイルスクールの講師職です。
どちらを目指す場合も実務経験が必須となるため、高い技術を学べるサロンへの就職を目指しましょう。

人を率いる、人へ教える仕事のため、ネイリスト技能検定1級・ジェルネイル検定上級などの資格取得  や、だれからも愛される優しい人でいることも大切です。
簡単な道ではありませんが、到達することで高い収入が保証されるでしょう
責任者や講師などになれば、年齢を気にせず活躍できる点も大きな魅力です。

また、ネイリストの仕事は日本では少ない女性が強みを持つ職業です
将来的には独立開業し、自分がグループサロンのトップに立つ、というのも夢ではありません。
経営に興味がある、自分の城を持ちたい、という方は、積極的にチャレンジしてみましょう。

さいごに


ネイリストの仕事は、資格や技術の分だけ年収が保証されます。
勉強した分だけ、収入につながるため、練習や技術向上を楽しく行えるでしょう。

同じ職場のネイリストとは同僚ですが、基本的には個人プレー。
そのため、人間関係がこじれにくい、という部分もネイリスト職の特徴です

ネイリスト同士、足を引っぱりあうのではなく、協力しながらお客様へ接客するため、「雰囲気が良いサロン=稼げるサロン」だと言えるでしょう。